読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

9月21日台風

今日は台風16号が来て大荒れの一日でした。

 

昨日の夜仕事から帰る時に豪雨だったので、久しぶりに台風というものを体感しました。

 

今日は嫌なことがありました。

母から怒りをぶつけられました。

たしかに彼女の言ってることも分かります。

しかし疑問に思うところもいっぱいあります。

ベターな選択ではなかったとしても私自身のことなので、悲しむことはあっても怒りをぶつける必要はないと思います。

 

うちの家族は基本的にそれぞれが自由に生き、接点をもってる程度の関係です。

平穏とは簡単ではないと強く思いました。

 

天気も心も大荒れな一日でした。

明日はいい日になるといいな!

 

あとはカードをスリーブに入れるという作業で心を落ち着かせて寝たいと思います。

ではまた。

11月10日は糸井重里さんの誕生日

本日は糸井重里さんの誕生日です。

 

なぜこういった内容でブログを書くかと言うと、糸井重里さんが好きだからです。

ほぼ日刊イトイ新聞の更新を毎日楽しみにしている読者の一人であります。

昨日ほぼ日で新たな試みとして発表された「ほぼ日の塾」

応募したいと思っているところです。

 

ほぼ日は昔一緒に働いていた同僚に教えてもらったのがきっかけで5年くらい見ておりますが、最近不思議な縁を感じることが2回ありました。

 

1回目は、谷川俊太郎さんが詩を書き松本大洋さんが絵を描いた「かないくん」という絵本に関する連載を読んでいた時のこと。

読んでいたのは11月3日。自分が小学6年生の時に交通事故に遭った日でもあり忘れられない日でもあります。そして自分が生まれる前に旅立ってしまったおじいちゃんの命日が11月2日。

朝、1日遅れてごめんね。と仏壇に手を合わせたのでありました。

 

そして谷川俊太郎さんと松本大洋さんの対談の中で大洋さんのお母さん工藤直子さんのお話がでてきます。

どんな方なのか気になって調べた誕生日が11月2日。

 

そしてこの絵本のテーマが「死」について

 

自分の人生の中で死を一番意識した日に、死をテーマにした「かないくん」の連載を読んで、祖父の命日が前日で、絵を描いた大洋さんのお母さんの誕生日と一緒。

 

不思議な巡り合わせだなと思いました。

 

 

もう一つは今日の話になります。

人生の全体図を書こうとぼんやり考えていて、マインドマップを書き始めました。

そのマインドマップの尊敬する人のつながりに糸井重里さんの名前を書いて、そのマインドマップをたまたま作った日が糸井重里さんの誕生日。

 

マインドマップを書いたのは人生で2回か3回目くらいじゃないかな。自分としては苦手な分野のことなのであまりやってきませんでした。

そういったことから不思議なつながりだなと思うのでありました。

 

11月は何かいい変化が起こりそうな気がします。

そのきっかけでもある糸井さんにまつわることを書いてみました。

 

 

 

改めて糸井重里さん誕生日おめでとうございます!

 

はてなブログはじめました

日頃いろんな記事を見ている中で、アウトプットしたい気持ちが生まれてきたのではてなダイアリーをブログにインポートして、まず場所を作ってみました。

 

アウトプットする深さはでないと思いますが、読んでいるだけではどこか上っ面なだけな気がしはじめています。

 

できることからコツコツと。